国民の利益に利することが明らかなら推奨されるべき補助金投入

補助金を投入して事業を普及させることで国の繁栄や国民の利益に利することが明らかな限り大いに推奨されるべきです。

国民の利益に利することが明らかなら推奨されるべき補助金投入

国民の利益に利することが明らかなら推奨されるべき補助金投入 国や自治体等、行政側は政策目標を遂行し、公共的に見て利益のある事業に対して補助金を投入し、民間活力を引き出してその遂行を促すことを行っています。そこで、民間側が該当する事業を実行しようと思うならば当該行政部門に申請書を提出して補助金交付を受ける必要があるのです。補助金は個人や企業等から徴収した税金そのものなので、補助金を使用する者は法令や交付内容や条件等、行政側の指示事項を順守し、目的に沿って事業を実施して使用状況や事業の進捗状況を適宜報告する義務を負うことはやむを得ないことだと思います。

個人や民間企業等が自らの資金だけで実行するには利益の出にくい事業でも公共目的に照らして行うことが中長期的視点で公共利益になると判断される事業があり、補助金投入がスタート台になって全国各地へ普及することで事業単価の減少により規模の利益が生まれる事業は多々あるわけです。このような事業について補助金を投入して事業を普及させることで国の繁栄に利することが明らかな限り、大いに推奨されるべきです。しかしながら、補助金の使い方に対する行政側との考え方に違い等があったり、類似した事業テーマに対して複数の省庁が補助金を出しているケースがあるなど、以前から補助金が必ずしも有効に使われているとはいいがたいケースが発生しているので、横断的なテーマについては行政サイドでもっと整理統合する必要があると感じます。


Copyright(c) 2014 国民の利益に利することが明らかなら推奨されるべき補助金投入 All Rights Reserved.